使用前にはパッチテストを|OW|無添加商品からシャンプー・ヘアカラートリートメント多数紹介

HOME   >   使用前にはパッチテストを

使用前にはパッチテストを

パッチテストとは何か?

笑顔が元気な女性 白髪染めを行う前に実施する、皮膚のアレルギーテストのことをパッチテストと言います。 パッチテストを事前に行うことで、使用する予定の白髪染めに対して、皮膚がアレルギー反応を引き起こすかどうかを確認し、
未然に大きなトラブルを防ぐことができます。

特に、ヘアカラーの場合は、一度でしっかりと染めるために、刺激の強い薬剤を使用していることが多いため、敏感肌の人を中心に、かぶれなどの症状が現れることがあります。また、ごく稀なケースですが、かぶれだけではなく、全身への湿疹や呼吸困難など、頭部以外にも強い症状が及ぶこともあるため、パッチテストは必ず行うようにしましょう。

また、刺激が少なく安全性を重視したヘアマニキュアの場合でも、自分では把握していなかったアレルギーが発症してしまう可能性もあるので、より安心して使用するためにも、パッチテストを行うことをお勧めします。

パッチテストの手順

パッチテストの手順は、商品のパッケージや同梱されている使用説明書に記載されているので、しっかりと目を通し、手順通りに進めていきます。

基本的な流れとしては、染料を二の腕などの目立たない部分に少しだけ塗布します。塗る際には手に付着しないように綿棒などを利用すると良いでしょう。コイン程度の大きさに薄く伸ばした後は、自然乾燥をさせて48時間、その場所を濡らさないように気をつけながら、経過を観察します。48時間が経過しても、肌に異常が現れない場合は、その白髪染めを使用してもトラブルが起こる心配は、ほぼありません。

ただし、パッチテストでは問題がなくても、実際に使用を開始すると、痒みや痛みを伴うこともあります。使用中に少しでも異常を感じたら、すぐに白髪染めを中止し、頭皮に染料が残らないようにしっかりと洗い流します。

また、パッチテストの最中に、痒みや痛みを感じたり、湿疹が出た時は、その白髪染めはアレルギーを引き起こす可能性が高いため、塗布した箇所を丁寧に洗い、返品が可能な場合は、手順に沿って返品の手続きを行いましょう。


仕上げはとにかく念入りに

TOPページ