仕上げはとにかく念入りに|OW|無添加商品からシャンプー・ヘアカラートリートメント多数紹介

HOME   >   仕上げはとにかく念入りに

仕上げはとにかく念入りに

すすぎが一番大切

白髪染めが完了したら丁寧に時間をかけて、すすぎます。染料は意外に落ちにくく、髪の毛の間や頭皮に残ってしまいがちです。染料が残っていることで、頭皮のトラブルを招く原因にもなるので、目安として、お湯が完全に透明になるまで何度もすすぎましょう。

特に、キューティクルを開かせるヘアカラーの場合は、このすすぎを丁寧に行わないと、髪にアルカリ剤が残ったままになってしまうので、キューティクルが開きっぱなしになってしまい、内部まで染み込ませたはずの染料が外に流れ出てしまったり、雑菌が髪の内側に入り込み、髪が傷む原因にもなります。また、お湯が透明になる前にシャンプーをしてしまうと、開いたキューティクルから洗浄力の強いシャンプーが髪の内側にまで入り込み、せっかく染めた色素まで洗い流してしまいます。

ヘアマニキュアの場合は、髪の表面に付着したままの染料が、衣服やタオルを汚してしまうことがあるので、やはり同様に、お湯が透明になるまで丁寧に時間をかけて、すすぐことを心がけましょう。

乾かし方も丁寧に

清楚なイメージの女性 ヘアカラーの場合は、お湯が透明になった後にシャンプーを行い、ヘアマニキュアの場合は、先にシャンプーを済ましているので、すすぎが終われば終了です。 あとは、ドライヤーなどを使用して、しっかりと乾かすようにしましょう。

ヘアカラーを使用して白髪を染めた後の髪は、キューティクルが繊細で剥がれ落ちやすい状態なので、髪の毛同士をあまり擦り合わせずに、微風でゆっくりと乾かしていきます。至近距離からドライヤーの強い熱や風を与えることは、デリケートな状態の髪には好ましくありません。

ヘアマニキュアの場合は、いつも通りの乾かし方で問題はありませんが、あまり強い熱を与え過ぎず、時間を掛けて乾かしてあげましょう。
しっかりと乾かすことで、頭皮は清潔に保たれるので、送風の強さやドライヤーの角度や距離を意識的に調整しながら、上手に乾かして下さい。


白髪ができるメカニズム

TOPページ