面倒な下準備を省略|OW|無添加商品からシャンプー・ヘアカラートリートメント多数紹介

HOME   >   面倒な下準備を省略

面倒な下準備を省略

揃える物も盛り沢山

頭に手をあてる女性 ヘアカラーで白髪染めを行う場合は、幾つかの下準備が必要となり、美容室で美容師さんが使っている物のほとんどを自分で揃えなくてはなりません。

商品によっては、使用説明書と一緒に同梱されていることもありますが、ビニール製の手袋とブラシは必須のアイテムです。また、額や耳に染料が付着しないように油分の含んだクリームなども用意しておきます。

垂れたり、飛び跳ねたりした染料が、床や浴槽に付着をすると、色が染みついてしまうこともあるため、ビニールマットやビニールシート、浴槽以外の場所なら新聞紙などの準備も必要です。さらに、時間を確認するための時計や、顔や腕に付着した時に拭き取るためのティッシュ、洋服の襟元に付着しないためのタオルなど、揃える物だけでも沢山あり、非常に手間が掛かり面倒に感じてしまいます。

また、染料を塗布した直後も、自由に身動きをすることが難しく、不便なこともあります。

手軽だからこそ続けられる

それに対して、ヘアマニキュアは、低刺激の成分や植物由来の染料を使用しているため、素手で塗布をすることができるので、ビニール製の手袋やブラシは必要ありません。額や耳に付着した場合も水で洗い流すことで簡単に落ちるので、クリームなどを用意しておく必要もなく、浴槽に敷くビニールも必要ありません。

また、放置する時間を過ぎてしまっても、頭皮や髪に強いダメージを与えるわけではないので、目安として大まかな時間だけを把握していれば充分です。ただし、浴室以外の場所で行う場合は、ヘアカラー同様、床や洋服に付着しないように注意をはらう必要があります。

基本的には、日頃のバスタイムで使用しているトリートメントを白髪染めのトリートメントに変えるだけなので、あらためて何かを用意する必要もなければ、そのためだけに時間を確保する必要もないので、無理なく白髪染めを行うことができます。

この手軽さは、ヘアマニキュアが高い人気を誇る理由の一つで、たとえ色落ちがヘアカラーと比べて早くても、簡単だからこそ繰り返し何度でも続けることが可能となっています。


使用前にはパッチテストを

TOPページ