一度でしっかり染まる「ヘアカラー」|OW|無添加商品からシャンプー・ヘアカラートリートメント多数紹介

HOME   >   一度でしっかり染まる「ヘアカラー」

一度でしっかり染まる「ヘアカラー」

別名・永久染毛剤のメリット

ポーズをとる元気な女性 白髪染めは大きく3つのタイプに分けることができます。
最も一般的で、いわゆる家庭用の白髪染めとして広く認知されているものが「ヘアカラー」に分類される商品です。白髪染めに限らず、髪の毛を明るくする場合にも用いられており、ドラッグストアやコンビニでも購入をすることが可能です。

ヘアカラー商品のほとんどは、一つの箱の中に、液体やクリーム状になっている染毛剤が1剤と2剤に分けられて入っており、その2つを染める直前に混ぜて特製の染毛液を作ります。

1剤には主に髪の毛を染める染料が入っており、2剤には髪の毛の色を抜く役割を果たす過酸化水素水が入っており、混ぜることによって、色を抜いてから着色させる染毛剤ができあがります。できあがった染毛剤を髪に塗布することで、髪の表面を覆っているキューティクルが開き、そこに過酸化水素水が入り込み、髪の色素を抜きます。その後、染料が髪の内側に入り込み、髪に色を付けていきます。ただし、白髪染め用以外のヘアカラーは少し異なるはたらきをするため、必ず白髪染め用のヘアカラーを使用しなくてはなりません。

染め終えた後に染毛剤を洗い流すと、キューティクルが閉じるので、染めた色は髪の内側に閉じ込められます。そのため、一度染めると、新しく髪の毛が伸びてくるまでは染め直しをする必要がなく、永久染毛剤とも呼ばれています。

デメリットは、その強さ

たった一度でしっかりと染まり、新しく伸びてくるまでは色落ちの心配もない、という強い染毛力を誇るヘアカラーですが、デメリットはその強さにあります。

髪の表面を覆うキューティクルを一度開かせてしまうため、キューティクルがはがれやすい状態になってしまい、髪のツヤやハリが失われやすくなります。黒くは染まっても、一本一本に輝きが感じられない髪では、若々しく健康的な印象を与えることはできません。そのような状態を防ぐためには、トリートメントなどを日常的に使用し、たっぷりの栄養を髪に補給し続けることが必要です。また、刺激が強い薬剤なので、肌が敏感な方は頭皮に痛みや痒みを感じることがあり、かぶれを引き起こす原因にもなります。

1剤と2剤が混ざることによって放たれる白髪染め特有の、ツンとしたにおいを不快に感じる方も多く、染毛後にもしばらくの間は、髪の毛からそのにおいが続くため、大切なイベントの前だからこそ染めたくても、躊躇してしまう方もいます。


髪と頭皮にやさしい「ヘアマニキュア」

TOPページ