「白髪を抜くと白髪は増える」は迷信か?|OW|無添加商品からシャンプー・ヘアカラートリートメント多数紹介

HOME   >   「白髪を抜くと白髪は増える」は迷信か?

「白髪を抜くと白髪は増える」は迷信か?

間接的には関係している可能性も

笑顔の女性のイメージ 白髪とは、メラニン色素の着色が促されなかったために、本来の色である白のままの状態で生えてきた髪の毛を指します。そのため、白髪を抜いたことによって、他の髪の毛のメラニン色素まで着色されなくなると言うことは考えにくく、また白髪を抜くことで白髪が増えるという医学的な根拠もありません。

よって、白髪を抜く行為自体が白髪を増やす直接的な原因に繋がっているとは、現在のところ考えられていません。

しかし、あながち迷信とも言い難い側面もあります。
1つの毛穴からは、通常2~3本の髪の毛が生えていますが、そのうちの1本の白髪を無理に引き抜くことで、頭皮の毛穴が傷ついてしまい、その部分のメラニン色素が薄くなる恐れがあります。また、傷の状態によっては、メラニン色素が作られなくなる可能性もあります。

そのため、同じ毛穴から生えている他の1~2本も、生え変わりのタイミングで、メラニン色素が着色せずに、白いままの髪の毛で生えてしまいます。さらに、自分で白髪を抜く際に、白髪だと思って引き抜いた結果、黒い髪の毛を抜いてしまうと、同じように毛穴が傷つき、その毛穴からは白髪しか生えてこないこともあります。白髪が同じような場所にまとまって生えてくる原因は、そのような無理に白髪を抜く行為が関係しているのかもしれません。

毛穴の傷は薄毛の原因にも

クッションと女性の写真 また、白髪の人は薄毛にならず、薄毛の人は白髪にならない、とも言われていますが、こちらに関しても医学的な根拠はなく、白髪の人でも薄毛になります。

特に白髪を抜くクセのある人は、毛穴や毛根を幾度となく傷つけてしまっているので、完全な状態で毛髪の成長が促されず、コシが弱く細い髪が生えてしまいます。さらに、毛根が完全に機能を果たさなくなってしまうと、弱い髪の毛さえも生えてこなくなるため、どんどんと薄毛になっていきます。

白髪を発見した場合は、抜かずに染めるか、もしくは根元付近からハサミで切るなどの対処を行い、安易に抜かないように注意をしましょう。


白髪を予防するために

TOPページ