頭皮のことを考えた成分|OW|無添加商品からシャンプー・ヘアカラートリートメント多数紹介

HOME   >   頭皮のことを考えた成分

頭皮のことを考えた成分

苦痛を伴う頭皮のかぶれ

たった一度でも、頭皮がかぶれてしまった経験がある人は、白髪染めに対して強い抵抗感を抱いてしまいます。白髪を気にしても、かぶれが不安で染められない人は決して少なくありません。
かぶれの原因として考えられることは複数あり、決して使用した商品が粗悪品だったということではなく、頭皮や身体のコンディションによっても、かぶれを引き起こすこともあれば、たまたま自分の頭皮や体質には合わなかった、ということも考えられます。

特に、敏感肌の人は刺激が強いヘアカラーを使用した直後に、かぶれてしまうケースが多く、また、かぶれのような深刻な状態までには至らなくても、痛みや痒みを伴い、塗布直後に我慢できずに洗い流してしまうこともあります。

このような症状が起きてしまうのは、敏感肌の人に限ったことではなく、髪の内側から染めるために薬剤がキューティクルを開かせた瞬間に、体内に異物が混入したと身体が反応し、自己免疫機能がはたらいてしまい、頭皮を含む髪の毛周辺が拒絶反応を起こすことで、かぶれを引き起こしてしまうケースもあります。

頭皮のかぶれは、治りにくく毎日の生活に苦痛を伴わせるものなので、心配な方は刺激性の低い敏感肌用のヘアカラーか、もしくはヘアマニキュアで白髪染めを行うことをお勧めします。

かぶれにくいヘアマニキュア

ポーズをとる女性 なぜヘアマニキュアはかぶれにくいのでしょうか?
その理由の一つとして、植物由来の原料で作られている商品が多いことが挙げられます。強い薬剤を使用せず、海藻やクチナシなどの植物染料を使用しているため、人体に影響を及ぼす心配がほとんどなく、さらにキューティクルを開かせることもないため、自己免疫機能がはたらく懸念もありません。

ただし、人によっては食物アレルギーがあるように、誰にとっても絶対に安全とは言い切れません。体質や肌質、コンディションなどによって、アレルギー反応を引き起こすこともあるので、不安な場合は必ず、パッチテスト(皮膚のアレルギーテスト)を行ってから使用を開始するようにしましょう。


「香り」と「におい」は大きな違い

TOPページ