髪質を考慮したカラー選び|OW|無添加商品からシャンプー・ヘアカラートリートメント多数紹介

HOME   >   髪質を考慮したカラー選び

髪質を考慮したカラー選び

太くて硬い髪は染まりにくい

同じ白髪染めを使用したのにも関わらず、染め上がりに大きな違いが生じることもあります。
その原因の一つは、髪質の違いです。一般的に、太くて硬いしっかりとした髪ほど染まりにくい傾向にあり、細くて柔らかい髪ほど染まりやすい傾向にあります。

染まりにくい髪質の人は、ワントーン明るい色を選びがちですが、それは黒い髪を明るくする場合で、白髪に色を入れたい時は、ワントーン暗い、濃い色を選択した方が、しっかりと染まりやすくなります。 染まりやすい髪質の人は、希望通りの色に染まることが多いので、染めたい色をそのまま選んで構いません。

また、染毛の時間を、使用説明書に記載してある目安の時間よりも少しだけ長めに放置することで染まりやすくなりますが、刺激の強いヘアカラーを使用する場合は、髪や頭皮のトラブルを招く原因にもなるので、このような方法は避けた方が賢明です。

綺麗に染めるには温度も大切

仕事中の女性 偏った染め上がりになっていないか、ムラがないか、自分ひとりで白髪染めを行った際に、まんべんなく染められているのかは気になるポイントの一つです。

髪は根元の方が太く、毛先ほど細くなっているため、根元の方が染まりにくくなっています。そのため、白髪染めを行う際は、まずは根元の部分に、しっかりと塗布し、毛先に向かって均等に伸ばしていくような感覚で使用するようにしましょう。また、美容室で白髪染めを行った際に、シャワーキャップやラップなどで頭髪の部分を覆われた経験があるかと思いますが、温度が高い方が綺麗に染まりやすく、特に染まりにくい太い髪質の人は、あらかじめ室内の温度を調整しておくことをお勧めします。

トリートメントタイプのヘアマニキュアを使用する場合は、基本的に浴室で行うことが多いため、適度な温度と湿度が保たれているので、あまり温度の調整を意識をしなくても大丈夫です。


染めながら潤いアップ

TOPページ