「香り」と「におい」は大きな違い|OW|無添加商品からシャンプー・ヘアカラートリートメント多数紹介

HOME   >   「香り」と「におい」は大きな違い

「香り」と「におい」は大きな違い

不快な白髪染めの「におい」

髪をふく女性 ヘアカラーで白髪染めを行っている最中や、白髪染めが終わった後に、異様な「におい」を感じ、不快な気分になる人も多いでしょう。

この原因は、ヘアカラーの1剤と2剤を混ぜ合わせることでできる酸化染料にあります。1剤には主に、染料とアルカリ剤が含まれており、アルカリ剤の成分としてアンモニアが使われていることが多く、このアンモニアが2剤の過酸化水素水を分解することで酵素が発生します。この酵素が白髪染め特有のツンとした「におい」の元となっており、一度や二度の洗髪では、なかなか落ちてくれません。

また、この「におい」が原因で、白髪染めを行っている最中に、気分を悪くしてしまう人もいるので、特に空気の流れが滞りがちな浴室内で行う場合は、充分に換気を行うように気をつけましょう。

リラックスできる「香り」が決め手

一方、ヘアマニキュアの場合は、「におい」の原因となる酵素が発生しないため、白髪染め特有の「におい」に悩まされる心配はありません。さらに、浴室などの空気の流れが滞りがちな場所で利用をすることを想定して開発が進められているため、「香り」に対しても、かなり慎重に研究が重ねられています。

商品によって、無臭であるものや、花の香りがするもの、木々の香りがするものなど、様々な特徴がありますが、多くの商品において白髪染め特有の「におい」はなく、バスタブの中でもリラックスをした状態で使用をすることができます。

ほのかに香る商品の場合は、使用後もその香りが持続するので、就寝前に使うと、髪の毛から放たれる自然な「香り」に包まれながら、心地よい睡眠に入ることができるでしょう。
自分だけではなく周囲の人にも届いてしまう「におい」や「香り」だからこそ、外出前などは、特に気をつけたいポイントです。


誰でも手軽に染めるためには

TOPページ